タッセル服補完計画 in アニカラオフ

実施日:2016年12月24日(土)

年の瀬も迫る12月24日、いつもお世話になっているアニカラオフの忘年会が催されたので、いつものごとく参加してきました。


こちらは、9月の若者文化祭で制作したタッセル服。

この時でも一定の仕上がりにはなったのですが、まだ全身をタッセルで埋め尽くすには至らなかったので、アニカラメンバーの力を借りてさらにタッセルを増やしていこうという作戦です。


作り方を見ながら挑戦。すぐに要領を得た参加者は色を混ぜたり工夫しながら作ってくれました。


マスコット劇場

アニカラといえば、今までつくってきたこの子たち。

 

今回も創意工夫という名の悪ふざけのおもちゃにされていましたが、しばらくその模様にお付き合いください。

その1

「むしゃむしゃ。このタッセルという食べ物は、なかなか美味ですぞ」

「こちらはイカ墨パスタですな。おいしくて手が止まりませんぞ」

「さてさて、今回もアニカラオフにやってきたわけですが」

 

「・・・ってクチにイカ墨ついとるがな!」

その2

「へいへい!ワイルドに変身ですぞ!」

「タッセルでいたずらしちゃだめだよ!悪い子はこれでもくらえ!」

「そんな攻撃、わたくしには効きませんぞ!」

 

「うわー!」

「もう、いつも強引なんだから」

 

「こうなるとわかってたくせに。ですぞ」

その3

参加者が、今アニメ映画で話題の組み紐をつくってくれましたぞ」

「フハハ、この組み紐を使って何をしてやろうか。ですぞ」

「・・・ですよねー」

 

「まいったか!ですぞ」

 

「いや、もっと違う使い方をしようよ」


・・・大変失礼しました(汗)

 

気を取り直して、ここからは、タッセル服の仕上げの様子をお届けします。

つくったタッセルを服につけていく参加者たち。


人は一人で生きていけない。だから、お互いに補完し合わねばならない。


今回はここまで。まだ背中の方がさみしい気がしますが、いままでより一層モコモコになりました。

これで岩手の冬も怖くないね!(←)


まとめ

※写真は二次会のクリスマスプレゼント交換でもらったフィギュアです。

 

今回の企画は、できる範囲でやったらいいということで、あえてノルマを設けず手の空いた人がやりたいだけやる、という形にしてみました。

これもシェアクリエイトの楽しみ方のひとつです。

 

あとこれまでつくったマスコットたちは遊びの汎用性が高いのか、またしても多くのネタが生まれてしまいました。大変失礼いたしました。